症状や対策

注射

脳動静脈奇形や聴神経腫瘍は脳神経外科の医師が診断し、治療をおこなっていきます。

脳動静脈奇形では脳の中にある動脈と静脈が異常に連絡し合いその結果ナイダスと呼ばれる血管の異常な塊ができることがあります。
ナイダスが破れると脳内出血またはくも膜下出血を起こすことになります。
先天性の疾患で、若年者がくも膜下出 続きを読む

ガンマナイフ治療について

医療器具

脳動静脈奇形は、脳の先天的な発育障害で、脳の動脈と静脈が直接連絡してからみあってしまう状態のことを指します。
動脈の勢いのある血液が、壁の弱い静脈に圧をかけてしまうため、血管が次第に拡大してしまいます。
若年期のくも膜下出血の原因として、脳動静脈奇形は重要なものであるとも言われています。

脳動静脈奇形の治療 続きを読む

脳動静脈奇形での治療法とは

医師と看護師

脳動静脈奇形や聴神経腫瘍の治療のもっとも有効な治療法は脳神経外科による外科手術です。
腫瘍のサイズが大きなものであっても、部位によっては根治が可能です。

ただし、外科手術には制約があり、手術の負担に身体が耐えられないような高齢者の方や、糖尿病などの止血が心配される方、また治療部位が動脈や他の神経系に隣接しす 続きを読む

脳神経系での症状とは

若い医師

脳動静脈奇形や聴神経腫瘍といった脳神経系の病気になった時には、脳神経外科で精密検査を行った上で、手術等を行ってもらうのが有効です。

脳動静脈奇形においては、脳内の出血の有無をCTやMRIで検査し、出血原因を血管造影などにより診断してもらいます。
聴神経腫瘍においては、まずは聴力検査をおこない、次にCTやMRIなどの 続きを読む

脳動静脈奇形に対しての治療法

カルテを持つ女医

脳動静脈奇形は先天性の疾患であり、若年性のくも膜下出血の原因となります。
これを放置しておくと1年で3~5%の確率で脳内で出血し、出血すると死亡や後遺症を起こす可能性があります。

治療としては脳神 続きを読む

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031